チャンプル文化の由来

チャンプル文化、簡単に言うとミックスの意味。元々は沖縄の庶民料理から発生した言葉であり、いろいいろな食材を一色端に入れた炒めモノのことである。

唐の世から大和の世、大和の世からアメリカ世、アメリカ世からまた大和の世と、波瀾の歴史の中をくぐり抜けてきた沖縄は、外圧に振り回されながらも、その時代々で異文化の良いものを受容し、「ゴチャ混ぜ」にして、独自の文化を形成してきた。

その影響を地域文化にまで昇華させ、特異な活動として定着させたのがコザであり、チャンプルー文化の発信地として市内外や外国でその活動が高く評価されている。